【長編洒落怖】一つの村が消えた話をする

1: 伝者 2014/12/19(金) 10:36:05.65 ID:Q9WITJsub BE:5249227687-2BP(0)
この話を人にするのも、書き込むのも初めてだが、
時間に余裕のある奴は聞いてくれると助かる。
文章は読みにくいかもしれないし、
見る者の殆どが釣りとかネタだろと思う内容だと思う。
なるべく皆の質問には答える予定だ。
時間が限られているので、速めの返答を心掛ける。
では、話を始めようと思う。

3: 伝者 2014/12/19(金) 10:38:06.82 ID:Q9WITJsub BE:2624613874-2BP(0)
俺はある山奥の村で生まれ育った。
人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。
村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達も村を離れている。
当時の子供達と言えば、俺と幼馴染の女子のAと男子のBの同世代のみであり、俺達より年下の村人もいなかったから、殆ど仲の良い三人で勉強をし、川遊びをし、釣りをしたりという生活を送っていた。

幼馴染のAは、俺達の中でも一番賢く、はっきり言うと美人で、超田舎にこんな子がいるのは、割と珍しい方なんじゃないか?って、一人思っていた事もあった。
神社の神主の一族で、幼い頃から巫女として育てられてきた。
幼馴染のBは、頼りがいのある奴で、遊びの予定とか内容も殆ど彼が決めていた。
ガタイが良く、豊富な知識で楽しませてくれる親友だ。
ちなみに、町の小中学校も人数が少なく、廃校寸前のような状態だった。

村は全体的に田畑、小川、空き地が殆ど。
古い歴史がある神社、池が一つ。
村人がやっている、八百屋や服屋が一軒。
この村へ行くには、人口数千人程度の町から、村へと続く道なり二十km程度の一本の山道を通る必要がある。

町から村へ行く道は、この一本の道しか無く、交通の便は非常に悪い。
山奥の村と言う事もあって、村の関係者以外の人は殆ど来る事は無い。
と、軽く村と諸々の紹介をした所で、本題に入ろうと思う。
この話は、俺が十五歳の夏、中学三年生の夏から体験した出来事。
非常に現実味の無い話だが、とある事情から、虚構を混ぜずに語る事を誓う。
説明が長いと思われるかもしれないが、なるべく分かりやすく、俺の体験を皆に知って貰う為の余計な配慮だと思ってくれ。

4: 伝者 2014/12/19(金) 10:39:32.46 ID:Q9WITJsub BE:1406043735-2BP(0)
まず初めに、村の行事や伝承について説明しようと思う。
特定出来る者は、この村を特定しても構わない。
しかし、俺は村を仮に特定出来たとしても、ある事情から村に行く事は進めない。
その点を、深く理解して頂きたいと思う。

5: 伝者 2014/12/19(金) 10:43:37.52 ID:Q9WITJsub BE:1124835326-2BP(0)
神社・祭り・伝承に関して
この村の神社では、数百年前から一年に一度、ある祭りが行われて来た。
この祭りの名前は、多分特定されないと思うから書き込んでおく。
村の祭りは「辿静祭」と呼ばれ、村全体規模で行われる祭りだ。

6: 伝者 2014/12/19(金) 10:45:16.51 ID:Q9WITJsub BE:2343405555-2BP(0)
八月十五日のお盆の日に行われ、村人全員が辿静祭に参加し、
村人が露天を開き、世間で言われる「盆踊り」、
この村では「鬼無踊り」と呼ばれる独自の踊りを踊ったりし、
最後は神社の巫女が「巫女神楽」、
この村では「浄縁神楽」と呼ばれる
これまた独自の神楽を舞う事によって、辿静祭は幕を閉じる。

7: 伝者 2014/12/19(金) 10:46:14.21 ID:Q9WITJsub BE:5905381379-2BP(0)
この村の村人には、辿静祭に関する三つの「禁」が伝えられており、
その禁は親から子へ、子から孫へと伝えられてきた。
俺自身も、小学生の時に両親から教え込まれ、
絶対に破ってはならないと言われてきた。
その禁の内容は、以下に書き込む。

8: 伝者 2014/12/19(金) 10:47:16.34 ID:Q9WITJsub BE:3749448285-2BP(0)
第一の禁・辿静祭前日である八月十四日、神主一族以外の村人は、
村の奥にある「障芽池」には近づいてはならない。

第二の禁・辿静祭当日である八月十五日、
全村人は必ず人を入れてはならず、
村人も村外の外界に必ず出てはならない。

第三の禁・八月十五日・辿静祭当日~八月二十日・辿静祭後日の間に、
この村で、村人に、知人に、家族に、自分に何が起きようとも、
その事を生涯絶対に村以外で口にしてはならない。

と言ったものだ。

11: 伝者 2014/12/19(金) 10:50:52.39 ID:Q9WITJsub BE:1687251492-2BP(0)
第一の禁にある障芽池についてだが、
この池は村に古くから伝わる池で、
障芽池は鬼の住む巣窟に繋がっていると伝えられている。
この伝承は、障芽池の鬼伝説と呼ばれている。

障芽池の森は代々神主一族に管理されており、
神主一族以外の村人が周囲に無断で立ち入る事は禁止されている。

神主一族が管理する障芽池には、
五重の注連縄と五つの祠が存在し、
これらは障芽池を封印しているそうだ。

八月十四日は、第一の禁に従い、
神主一族以外の者は障芽池の森に立ち入る事が出来なくなる用に、
厳重に有刺鉄線で障芽池の森の周囲を覆ってしまう為、
障芽池は完全に封鎖される。

14: 伝者 2014/12/19(金) 10:54:31.14 ID:Q9WITJsub BE:4499337986-2BP(0)
八月十日
俺達はいつものように、小川で三人で遊んでいた。
水を掛け合ったり、水鉄砲の様な自家製のおもちゃを使って遊び、
昼が過ぎ、弁当を食べ終わり、次の遊びの予定を考えていた。

15: 伝者 2014/12/19(金) 10:59:16.56 ID:Q9WITJsub BE:2530877393-2BP(0)
俺「明日は何して遊ぶ?」

A「私は昼過ぎから浄縁神楽の練習があるから、午前中だけなら遊べるよ!」

B「これからはAも浄縁神楽の練習をする時間が増えるな。
俺にとっておきの楽しみというか、やってみたい事があるんだけど、
聞いて貰えるか?」

俺「いいぜ」

A「いいよ」

16: 伝者 2014/12/19(金) 11:01:05.78 ID:Q9WITJsub BE:562417823-2BP(0)B
「これは誰にも言わないでくれよ、八月十四日の夜にさ、障芽池の森に三人で行ってみないか?」

俺「でも、それは禁を破る事になるぜ。
辿静祭の前日は、Aの一族の人が出入り口を見回っているだろうし」

A「俺君の言う通りだよ、私はやめたほうが良いと思うし、障芽池の森に行くのは無理だと思うな」

17: 伝者 2014/12/19(金) 11:01:53.84 ID:Q9WITJsub BE:2249669838-2BP(0)B
「二人にそう言われると思っていたから、昨日の夜に障芽池の森の有刺鉄線の網を一部開けて置いたんだ。
それに、障芽池の森の中に「祠」がある事を知ってるか?」

B「有刺鉄線を超えて、障芽池に行く獣道から少し外れた所に、ある祠があるそうなんだ。
一昨日、俺の両親が話をしている所を一部聞いただけなんだけどさ、その祠はこの村の歴史が存在する以前からあるらしく、その祠の中にある「石」に触れると、「見える」ようになるそうだよ」

18: 伝者 2014/12/19(金) 11:02:49.86 ID:Q9WITJsub BE:3936920876-2BP(0)A
「そんな話、お父さんからもお母さんからも聞いた事ないけど、本当だったら気になるかも」

俺「俺もAと同じ意見だ。
その話は聞いた事ないけど、何か気になる。
そんで、何が「見える」ようになるんだ」?」

B「それは俺にも分からん、両親が二人で昔話をしている所を少し聞いただけで、その「見える」って言葉の後、父さんが話を変えたからさ」

19: 伝者 2014/12/19(金) 11:03:29.36 ID:Q9WITJsub BE:2812086465-2BP(0)
俺「そっか、色々怖いけど、Bの話を信じてその祠に行ってみるか」

A「私も行く!、次の日は辿静祭だからお父さんから早く寝なさいって言われると思うから、なんとか屋敷を抜け出してみるね」

俺「近くまでBと迎えに行くよ、時間はどうする?」

B「夜の八時ぐらいかな、あまり遅いと何かあった時に困るだろうから、時間に余裕をもって行きたい」

20: 伝者 2014/12/19(金) 11:04:05.74 ID:Q9WITJsub BE:843626333-2BP(0)
俺「了解!」

A「分かった!」

俺「それで、明日はどうするんだ?」

B「Aの都合考えて、お前の家で花札とか?」

A「私は構わないわよ!」

俺「了解!、明日の朝九時頃に来てくれ」

21: 伝者 2014/12/19(金) 11:04:59.19 ID:Q9WITJsub BE:2249668883-2BP(0)
俺達は、禁を守ると言う事の重要性を理解していなかった為、
このような事を行うと決めてしまった。
村の歴史そのものでもある神主一族のA、
そして親友のBを俺は止めず、彼等の意見に賛同してしまった。
これが、俺の生涯の過ちとなる。



面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事