【長編洒落怖】帰省

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:02
少し書き込みをしにくい雰囲気ですが、こういった場で書き込みをすることで、
何か自分中にある心の痞えが、少しでもなくなる気がするので、
板汚しとは思いますが、去年の夏、約十年ぶりに実家へ帰省したときのことを書きます。
長くなると思いますので、少し読んでみて興味のわかない方は、どうぞ飛ばしてください。

私は現在二十八歳で、
二十歳までに霊体験をしなければ、その先そういったことを経験することはないなんて言われていますが、
今まで霊を見たり、何か霊的な体験をしたり、ということはありませんでした。
そして、これからお話することも、霊とは無縁のことなのかもしれません。
ただ、私の人生の中でもっとも怖い、何か得体の知れない恐れを感じた出来事で、
いまなお、ときおり私の心を悩ますきっかけとなっているのです。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:06
私の実家は新潟にあり、代々農家を営んできた旧家です。
本家を継ぐのは必ず長男なのですが、私の父は三男にもかかわらず本家を継ぎました。
なぜそのようになったかというと、父の兄が二人とも、痴れものというのでしょうか、知恵遅れだったのです。
長男は、言葉はまともに話すことができるのですが、
頭のほうが子供のまま一向に成長せず、成すこともキチガイじみたことばかりだったようです。
次男にいたっては、頭だけでなく身体も弱く、幼いうちに病気で亡くなったとききました。
そのとき私の曽祖父にあたる人は、幼くして死んだ孫に向けて、
「この子は良い子だ、ほんとうに親孝行な子だ」と言ったそうです。
そういったわけで、父が本家を継ぐことになりました。
私も一人っ子なので、いずれ本家を継がなければいけないのではないか、と思っていたのですが、
不思議と父は、そういったことをまったく私に対して言いません。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:10
早くに亡くなった祖父は、名と家を守るために、私に本家を継がせるよう言っていたようですが、
祖父の死後、家云々の話は誰も言わなくなりました。
それどころか、父は私を家から離したがっているようにも思えるのです。
私は中学卒業を期に、東京の高校へと入学させられました。
寮に入って高校に通い、そのまま大学も東京の学校に入りました。
その間、一度も実家には帰りませんでした。
何かあると必ず両親が東京に来て、用を済ませたのです。

大学卒業後、私はそれほど名の知れていない電気製品のメーカに就職しました。
それからも盆にも正月にも帰省することなく、あっという間に五年の月日が経ちました。
私が実家に帰ろうかと電話で告げると、
そのたびに父が『いや、帰ってこなくて良い。おまえは自分のことをしっかりやっておけば良い』と言うのです。
変に思いながらも、私自身東京での生活が忙しく、父の言葉に甘えて十年近く実家に帰らぬままになっていました。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:14
それがなぜ、突然去年の夏に帰省することになったかというと、
二年ほど付き合っていた彼女が、「そろそろちゃんと両親に会って、挨拶をしておきたい」と言ったのです。
私のほうはすでに彼女の両親に会って、真剣にお嬢さんと付き合いをさせてもらっていると、挨拶を済ませていました。
彼女との結婚も考えていた私は、この際良い機会だし、
いろいろ具体的な話が進む前に、両親に紹介しておくのが筋だと思い、
彼女をつれて実家に帰ることを決めました。

電話で父にその旨を告げると、明らかに戸惑いを感じる口調ながらも『分かった』と言ってくれました。
会社が盆休みに入るとすぐに、私は彼女と共に実家へ向かいました。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:16
電車に乗っている間、彼女は私にいろいろなことを尋ねてきました。
実家がどんなところにあるのか、私の家族についてなど。
私は彼女の質問に答えていくうちに、
ずっと昔に忘れていた実家で暮らしていた記憶が、ぼんやりとながら蘇ってくるのを感じました。
そしてそれは、電車の揺れと呼応するように私の中で揺らいでいるようで、
何かあまり心地の良い感覚ではありませんでした。

私が実家に住んでいたときの思い出で、ひとつこんなことがあります。
今はもう亡くなっているのですが、父の兄で長男の、つまり私にとって伯父にあたる人のことです。
伯父さんは成人する前から分家にやられ、あまり本家のほうには顔を出さなかったのですが、
ある日、何か機嫌の良さそうな様子で、ふらりと本家にやってきました。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:18
挨拶も適当に伯父さんはまっすぐ私の部屋に来て、「将棋をやろう」と小脇に抱えていた将棋盤を広げました。
断る雰囲気でもなく、「良いよ」と言って将棋をはじめました。
すると、当時私は小学校の高学年でしたが、あっさりと伯父さんに勝ってしまったのです。
それで終わればよかったのですが、小学生の私は何を思ったのか、おそらく幼かった所為でしょう、
あまりに伯父さんが弱かったので、伯父さんのことを馬鹿にして笑ってしまったのです。
具体的に何を言ったのかは覚えていません。
みるみる目の前の伯父さんの顔色が変わっていき、ウーと唸りながらすっと立ち上がったかと思うと、
どこかへと走りだして行ってしまいました。

面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事