【洒落怖】団地での新聞配達

高校の時に新聞配達をしてた

その時とっても怖い思いをした話

配達してたのは、
俺が住んでいた団地8棟。

朝五時前に起きて、
俺が住んでる団地の1階の階段横に行くと
新聞が置かれてあって、
それを自転車に積んで、
1棟1棟配り回るんだ。

だから直接、
新聞屋に行く必要はない。

団地というのが、
4階建てで両端に階段があり
階段と階段の間に通路が通っていて
その間に、101,102・・・106という風に
6部屋あるタイプの構造だ。

1階は駐車場だから、
10*の部屋はなかったんだけどな。

うちもそうだったんだが、
貧乏臭そうな連中ばかりが住んでいた団地だ。

その日も暗いうちから起きて配る俺だ。

いつものように、
華麗に迅速にポストに新聞を入れる。

5棟目を配り終え、6棟目へと自転車を走らせた。

れまで配った5棟は道路側に面してたからか、
街灯の明かりが差し込み
わりかし遠くからも部屋番号が確認出来る明るさだったが
これから配る棟の周りには、なぜか街灯がないので暗い。

半分くらい配り終えて5時半くらいか…

冬だったからまだ真っ暗だ。

今思えば、
他の4棟は階段に電気が着いていたが、
その棟だけは着いてなかった。

俺が着けてもよかったんだが、
別につけなくても
階段の上り下りに不自由はない。

この棟の配達する部屋は
201、202、205、302、305、401、404~406の、8部屋。

まず道路から近い、
1号室側の階段から2階に上り
201からの順に204、205、206と配り、
そのまま、6号室側の階段から3階まで上って305だけ入れる。

そして、また6号室側の階段から4階上って
406、405、404、401の順に配り
1号室側の階段を下り、
302を配って1階まで降りる。

ドア側を正面に反時計回りに、
ぐるっと周る形で配る寸法だ。

1階の階段脇に自転車を止め、
配る分の新聞を取っていると
向こう側の階段を誰かがゆっくり上って行くのが見えた。

「ここに住んでる住人の人だろうな」

と、特に気にせず2階へ駆け上がった…。
左の階段を駆け上がり、
201のポストに新聞を入れる俺。

俺が6号室側の階段に目をやると、
さっきの奴が上って来たのが見えた。

真っ暗でどんな格好をしているかはわからなかったが
シルエットくらいなら確認できる。

そいつの歩き方というのが
上半身をやや後ろにのけ反り
手をひじから先をゾンビのように前にダランと垂らし
足を高く上げフラフラしたかと思えば足を踏み出す
非常にゆっくりとした歩き方。

ゆーっくりゆーっくり歩いてる。

なんなんだあいつは?

生身の人間だったとしても気味が悪い。

ましてや得体の知れない物ならなおさら。

酔っ払いや人がふざけて歩いてるようには思えない。

奴はそのまま3階へと上がって行った。

俺はと言うと
まだ2階には配る部屋がある。

202、205と配り
6号室側の階段を3階へ昇り始める。

このまま走って昇ると奴に会うんじゃないか?

すっかり奴に恐怖心を抱いてしまった俺だ。

出来るだけ距離を置こうと
奴の歩くペースを想像して
奴が3階くらいに着いたと思ったところで
忍び足のごとく、
一歩一歩ゆっくり緊張しながら昇っていく。

途中踊り場から曲がる時に、
こっち向いて立ってるかもなんて思うと
怖くて怖くて、
ひざから下の力が抜けていく!



面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事