洒落怖 厳選一覧

NO IMAGE

【洒落怖】カレハハナサナイ

372 :山師さん:01/09/22 22:46 これは1996年6月に、小学生を惨たらしく殺害した中学3年の男の子が容疑者として捕まり、世間を大いに驚かせた事件があった時の出来事です。 6月下旬の蒸し暑い日でした。その日私は、メゾネットタイプの集合住宅を賃貸経営している田中さんという大家さんの所へ、先月退居された住人の預かり費用についての営業でお伺いしました。 先月退居された方、正確には、その住居で飲薬自殺された...

NO IMAGE

【洒落怖】ヤマ目

746 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:13:55 ID:6Jl7rMMY0あれは母の実家から帰る途中の出来事。 母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。 お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。 久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。 1泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は月を見てこう言った。 「恵...

NO IMAGE

【洒落怖】ミルク飲み人形

944 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 01:47:58 ID:crgYsvKv0これは、私が子どもの時に体験した奇妙な話し。 私の父はとにかく貧乏性で、近くのゴミ捨て場で壊れた家庭用品やガラクタなどを見つけては、「もったいない」と家に持ち帰ってきた。 家族はそんな父に呆れていたが、「恥ずかしいからやめて」と言っても、やめるような性格ではないのは知っていたから、諦めて父の好きにさせていた。父が...

NO IMAGE

【洒落怖】眠り稲

881 :眠り稲1:2006/03/07(火) 21:42:27 ID:XB7qWc/mO祖父が未だ子供の頃の話。 その頃の祖父は毎年夏休みになると、祖父の兄と祖父の祖父母が暮らす、田園豊かな山麓の村に、両親と行っていたのだという。 その年も祖父は農村へ行き、遊びを良く知っている当時小学校高学年の兄と、毎日毎日、朝から日が暮れるまで遊んでいた。ある日、田んぼ沿いの道を、兄と虫網を持ちながら歩いていた。 幼かった祖父...

NO IMAGE

【洒落怖】黒いやつが来た

236 :長文スミマセン1/8:03/02/14 17:18私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってからのことだった。いつ頃のものかはわからないが、姉がいた記憶がある。夢のようにかすかな記憶なので、本当のものなのかはわからない。ただ、小さい...

NO IMAGE

【洒落怖】用水路

223 :1/3:03/06/03 21:43俺が中学生の頃だから、随分昔の話だ。 当時はスキャン機材とか普及してなかったろうから、(超音波スキャナ。妊娠中の検診で形質に異常があると、ナチュラルに堕胎を奨められるという)俺の住んでた田舎では、奇妙な風貌の人をワリと良く見かけた。 俺の家から中学までの通学路に、鬱蒼と繁った木々に囲まれたボロアパートが建っていた。そこはどうやら、奇妙な風貌の人達が住んでいる所らしかった...

NO IMAGE

【長編洒落怖】カン、カン

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/08/21 23:11 幼い頃に体験した、とても恐ろしい出来事について話します。 その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパートに住んでいました。夜になったら、いつも畳の部屋で、家族揃って枕を並べて寝ていました。ある夜、母親が体調を崩し、母に頼まれて私が消灯をすることになったのです。 洗面所と居間の電気を消し、テレビ等も消して、それ...

NO IMAGE

【洒落怖】彼女がいない理由

292 :本当にあった怖い名無し:04/10/14 21:11:08 ID:BOyHxCgw友人のもり君には彼女がいない。もてそうな奴なのに、と不思議に思っていた。ある日、二人で飲みに行く機会があった。気になってそのことを訪ねてみると、彼は黙り込んでしまった。聞いちゃいけなかったかなあ、と思っていたら、「家に遊びに来ないか」と誘われた。気を悪くしてないことにホッっとして、僕は素直に申し出を受けた。 酔っていたから定...

NO IMAGE

【洒落怖】空き部屋

517 :本当にあった怖い名無し:2005/10/02(日) 03:41:45 ID:2bMdqCH20私は山奥の田舎に住んでいますが、私が子供の頃の話です。 小学生も、低学年の頃は親と一緒に寝るのが当たり前ですが、高学年になってくると、やはり自分の部屋が欲しくなり、「兄と姉のように自分の部屋が欲しい」と、ある日母にねだりました。 その頃ちょうど2階の角部屋が開いていたので、そこをくれと頼みました。(二階には3部屋...

NO IMAGE

【洒落怖】夢遊病の弟

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/04 03:51私の弟は睡眠中無意識に歩き回る、いわゆる『夢遊病』患者でした。 そのおかしな行為は、小学校高学年のころがピークでした。3,4日に1度は夜中にむくりと起きだし、とっくに終わっているはずのテレビの電源をつけて、砂の嵐を無心にじっとみつめています。パジャマのまま鞄を背負って、鍵がかかって開かない玄関のノブをがちゃがちゃと開けようとし、家族全員で引き...