洒落怖 厳選一覧

NO IMAGE

【長編洒落怖】帰省

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/05/17(木) 01:02少し書き込みをしにくい雰囲気ですが、こういった場で書き込みをすることで、何か自分中にある心の痞えが、少しでもなくなる気がするので、板汚しとは思いますが、去年の夏、約十年ぶりに実家へ帰省したときのことを書きます。長くなると思いますので、少し読んでみて興味のわかない方は、どうぞ飛ばしてください。 私は現在二十八歳で、二十歳までに霊体験をしなければ、その先そういったことを経験することはないな...

NO IMAGE

【洒落怖】アキオ

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 22:40俺が今でもRPGやんないのは理由があんだよ。小学校2年の時。その頃はみんな知ってる通り、ファミコン全盛期。当時うちでは金銭的な理由ではなく、親の教育方針みたいなもんで、ファミコンのソフトはなかなか買ってもらえないものだったんだ。誕生日とクリスマス、そしてばあちゃんが年に1回くらい買ってくれるくらい。 ちょうどとある大作RPGの三作目が発売されて、1ヶ月くらいたった頃だったと思うんだけど。親父と近...

NO IMAGE

【洒落怖】立っている女

308 :友人A:03/09/12 03:37私の携帯にある友人Aから、一年ぶりくらいに電話がありました。なにやら相談してほしい事があるらしいのです。正直不思議でした。他の友人の又聞きですが、Aは精神を病んで実家で療養中だからです。私は仕事中だったので、仕事が終わった後にとある駅で落ち合う約束をしました。 しかし、仕事が思ったより長引いて、私は約束の時間に間に合いませんでした。電話をかけても繋がらないので、一応待ち合わせ場所に向いました。そこにはAはいませんでした。私...

NO IMAGE

【長編洒落怖】つきまとう女

899 : ◆lWKWoo9iYU:2009/06/11(木) 10:34:08 ID:T70ctGeH0二年前の夏、俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。その間、コンビニはおろか自販機すらない。気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。俺の旅のコンセプトは、なるべく金をかけないこと。そ...

NO IMAGE

【洒落怖】つんぼゆすり

703 :つんぼゆすり 1/6:03/06/17 17:07こどものころ、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのですが、戦時中、本土空爆がはじまるころに、祖母と当時小学生の伯父の二人で、田舎の親類を頼って疎開したそうです。まだ僕の父も生まれていないころでした。戦争が終わっても東京はかなり治安が悪かったそうで、すぐには呼び戻されなかったそうです。 そのころ疎開先では、色々と不思議なことが起こったそうです。そこだけではなく、日本中がそうだった...

NO IMAGE

【洒落怖】金庫

79 :金庫 1:04/06/07 16:24 ID:PjB8UNTL俺が小学三年生のときの話。俺は東京生まれ東京育ちの江戸っ子なんだ。父も母も島根の出身で、夏休みのある日に母方の実家に帰った。久しぶりに会うじいちゃんとばあちゃんは、孫がかわいくて仕方ないらしく、俺と弟をしきりにかわいがってくれた。その家は特に変わったところのない、ちょっと大きめの一軒家だったが、一つだけおかしなものがあった。(当時の俺の目には奇妙に映った)それは、居間にある金庫だった。まぁ電子レンジくらい...

NO IMAGE

【洒落怖】異常なアパート

371 :その1:02/12/24 07:27おととしまで住んでたアパートの話。引越しをしようと決め、物件探しをしてるとき、「ちょっとした縁で安くできるから」と、そのアパートを不動産会社から紹介された。部屋は1K、ロフトつき、日当たりも良し。大き目の収納もあり、交通の便もよく、ほとんど文句ない物件だったので、ちょっと奮発してそこに速攻で決めた。で、当時ネコを一匹飼ってた(前に住んでた部屋はペットOKのボロアパート)んだが、そのことの許可をもらうのを忘れてしまい、「ま、あとで...

NO IMAGE

【洒落怖】後悔

今日ここで、私が9年前から苦しめられつづけている、後悔と恐怖の記憶を、この話を見た人に、ほんの少しづつ持っていってもらえればいいなと思い、ここにこうして書かしてもらいます。実際になにかが憑くわけではありませんが、そう記述する事で、私自身の記憶の影がほんの少しだけ明るくなるので・・・。9年前の体験、それは私は某保険会社に入社し、3年目に突入した矢先の出来事でした。私は係長になり、4人の部下が居て、その中の3人(I君T君Yさん)は一週に2回、欠かさず飲みに行くくらいの仲でした。...