【洒落怖】不思議な場所から帰れなかったかもしれない

48: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 17:38:15.31 ID:8JryFBlk0
一方でバカ太郎とボクサーの話も終わったようで、半泣きになったバカ太郎を連れてボクサーが私達の話に入ってきた。

私はブリジットのことも二人に説明した。
バカ太郎はさらにビビっていたが、涼子さんとボクサーは「ブリジットもお祓いに持っていこう」と意見をまとめ、
その後ボクサーの車で私の家に寄り、お祓いに行こうと言う話になった。

ちなみに全員ズル休み。
バカ太郎だけはバカ正直に「お祓いに行くことになって……」と上司に電話をしたらしく、
ボクサーに「律儀にそんな説明しなくていい」とか言われていた。

49: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 17:40:14.07 ID:ydmfa9c10
私の家につくなり3人はブリジットに引いていた。

涼子さんは「本当に戻ってきてる……」と真っ青だったし、
普段ビビらないボクサーもブリジット見るなり「ウッ」とか言ってた。バカ太郎はブリジット見れないみたいでずっと下見てた。

0: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 17:43:21.49 ID:ydmfa9c10
私はブリジットを抱えてバカ太郎の車に乗った。
ボクサーが運転。バカ太郎が助手席、私と涼子さんが後部座席。
皆でお祓いに向かう。
ビビる私とバカ太郎に対してボクサーは「幽霊来ても俺が倒してやるから安心してろ」とか言ってた。
腕力なんかで幽霊どないすんねんという感じだったが、ボクサーが言うと説得力があった。
涼子さんは私の手をずっと握ってくれていて、なんか二人に申し訳なくなった。

ごめん、今実家にいて、猫の具合悪いから様子見ながら書き込んでるんだ。
ちょいちょい時間あくけど今日のうちに終わらせるつもりだから付き合ってほしい。

52: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 18:30:39.26 ID:hB7ITmeb0
お祓いの場所は車で30分くらいで、走っている間は四人もいるせいか安心してたんだけど、あと5分くらいというところで、また異変が起きた。

トンネルの時と同じように車内の空気が変わった。

四人全員黙ってしまった。

ボクサーが「おいこれ……」と何か言おうとし、私がバカ太郎と目を合わせた矢先に、

バァン!!!

昨日と同じ、天井を叩く音がした。

生きた心地しなかった。

53: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 18:33:19.97 ID:2fgwvtNh0
昨日と同じくらい大きな音でバァン!!!!バァン!!!!と何回も天井から聞こえた。

涼子さんは「大丈夫!大丈夫だから!!」と私を抱き締めてくれたし、ボクサーも車を走らせ続けてくれたけど、さらに変化が起こった。

天井を叩く音が止まった。

そのかわり、ギッ……ギッ……という音。先程の音が手の平で思い切り叩く音だとすれば、
今度は静かに踏みつけるような音がした。
ボクサーが「落ち着け。絶対助かる」とか言ってたけどバカ太郎は泣いてた。
私も動けないままだったけど、だんだん足音は静かになっていった。

54: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 18:34:18.97 ID:2fgwvtNh0
足音はしなくなった。
涼子さんとボクサーが「昨日もこんな感じだったか」と聞いてきたので、
しどろもどろに踏みつけるような音はしなかった、何かがおかしいということを説明した。
バカ太郎は震える声で「ごめん全部俺のせいだごめん無理無理無理ヒイィ」とか言ってたけど、そうこうしてるうちに目的地についた。

普通の、ちょい大きめの一軒家だった。
神社とかじゃないの?とポカーンとしている私をよそに涼子さんはダッシュでピンポン押しにいってた。

57: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 19:27:50.19 ID:8s0oGylg0
中から出てきたのはおじさんとおじいさんの間みたいな年齢の男の人だった。
すごく優しそうだけどホッとすることとか出来なかった。
四人で今あったこと、昨日あったこと、ブリジットのことをまくし立てるように話した。
冷静になれなかった。
おじさんはそれでも「フンフン」と優しく話を聞いてくれて、家の中に私達を案内してくれた。

家の中は二階が仕事用というか、つまりお祓い用になってるとのことだった。

58: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 19:30:22.12 ID:8s0oGylg0
私は何年か前までカウンセリングに通ってたんだけど、家の中はそういう場所と似たような作りだった。
全体的に柔らかい色あいで家具とか揃えてあるというか、人が安心出来るように作られてる感じがした。
懐かしい気持ちになってその時になってちょっと落ち着いた。

バカ太郎が「俺のせいなんです」とシクシク泣きながらおじさんに話しかけてて、
おじさんは「キミのせいじゃないよ」とバカ太郎に話しかけていた。
(バカ太郎はバカですが素直に自分の否を認めることができる奴です)
私はこの時のおじさんは適当にバカ太郎を慰めてるだけだとか思ってたけど、おじさんから気になる言葉が飛び出した。

「本題はキミのやったことじゃないよ」

どういうこと?


59: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 19:32:42.91 ID:8s0oGylg0
全員で「???」と思っていると、おじさんは私のほうを向いた。

「あのね、キミなんだよ」

私の目を見ておじさんは言った。

白状しよう。死ぬほどビビった。

60: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:08:13.97 ID:nUA6xkIz0
おじさんは私の抱えていたブリジットを見て「うんうん。それに惹かれたんだね?」と確認するみたいに話しかけてきた。

私「見つけた瞬間に、ひとめぼれみたいになったんです」
おじさん「うんうん、なんとなく分かったよ」

全員で混乱していたけど、おじさんはおかまいなしに話を進めていく。

おじさん「ひとつ聞いていいかい。
キミ(私)の周りで、今までで何か不可解なことが起こったりしなかったかい」
私「特に心当たりないです」
おじさん「最近じゃなくて、ここ数年とか」
私「いや、分からないです……」

おじさんは私の目をじっと見て静かに喋る。

62: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:11:04.78 ID:nUA6xkIz0
そしておじさんはゆっくりと言った。

おじさん「キミに危害を加えたり、加えようとした人が酷い目にあったとか、そういうことはなかった?」

ずっとわけが分からずにいた私は、ようやくその時ハッとした。

私「数年前に私をレイプしようとした男3人、全員死にました」

65: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:31:01.29 ID:nUA6xkIz0
ここで私の昔ばなし(といっても数年前)をします。
性暴力の話だから感受性の強い人とか似たような経験ある人は注意してね。あと特定怖いので嘘が増えます。

66: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:31:43.92 ID:nUA6xkIz0
私は自分が同性愛者だということを家族にカミングアウトしてた。ここまでだったらよくある話なんだけど、父親が悩んだんだろうね。
知りあいに同性愛者の娘がいるって相談したらしい。
それからどういうわけか分からないけど、その知りあいの息子にそれが伝わった。
世の中には一定数「しょせん女同性愛者はヤッちゃえば男に落ちる」と思っている人間がいて、
その息子はそういうタイプだったらしく、仲間を二人呼んで企んだ。

67: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:32:58.75 ID:nUA6xkIz0
だいたい予想つくと思うんだけど、彼らが企んだのはレイプだった。
何でか分からないけど、住所も私の外見も彼らにバレてて、
べつに夜でもない時間帯に、外出していた私は知らない車に引きずりこまれた。
あっという間に車を横につけられて髪と服つかまれて中に入れられた。

けどここで、私は完全にパニックになって、走っている車の中で猛烈に暴れた。
彼らは私を押さえつけようとしたみたいだったけど、さらにパニックになって手足を必死で暴れさせた。
めっちゃ車が揺れてたのをおぼえてる。
それで問題はその後だった。

68: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:34:02.63 ID:nUA6xkIz0
私に蹴られた運転手が運転を誤り、車が思い切り電柱に激突した。

70: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:41:33.43 ID:lWRo3gzx0
おじさんは静かに話を聞いてくれた。
バカ太郎とボクサーは「えっ何ソレ」みたいな顔で私の話を聞いてた。
涼子さんにはこの話は報告済みで、彼女は冷静そうにしてた。

私「運転手の足、つぶれました。その後足に障害が残って自殺しました」

おじさん「うん」

私「仲間の一人は、見知らぬ男性にレイプされた後殺されました。
でもその男性というのが異性愛者だったのと、精神疾患があってまともに受け答えも出来ない状態の人みたいで、なんでレイプされたのかが今も分からないって」

おじさん「うん」

私「あとの一人は特に何も無かったんですが、やっぱり自殺です」

おじさん「うん。
ちょっとおかしいよね。うまくいきすぎてると思わない?
誰かが代わりに仕返ししてくれたみたいだよね」

私はおじさんの言葉が正直ちょっと怖かった。

71: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:45:37.25 ID:lWRo3gzx0
おじさん「あのね、多分その犯罪者の人たちはね、キミ以外の人にも色々酷いことをしたみたいだね。他にも被害者がいる。
それでね、その他の被害者の子たちがね」

「キミの後ろにいる」

気が遠くなった。

73: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 20:53:39.78 ID:lWRo3gzx0
真っ先に口を開いたのはバカ太郎だった。

バ「コイツはどうなっちゃうんですか!?」
「死んじゃうんですか!?」

おじさんは「話最後まで聞いてね」と話を続けた。
おじさん曰く、犯罪者3人は他にも何かヤバイことしていたということだった。
私は知らなかったけど、多分まだ余罪があるみたい。
それが原因で何人も亡くなってるとのことだった。



面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事