【洒落怖】不思議な場所から帰れなかったかもしれない

32: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 13:11:57.77 ID:q4xxR2Og0
そんで話は飛んで、またある日のこと。
私にはゲイの友達がいる。バカな奴だから名前をバカ太郎とする(ひどい話だけど分かりやすいからね)
あとコイツは酔っぱらうと「俺は童貞をドブに捨てた」とうわ言みたいに繰り返すが誰もその詳細は知らない。
そのバカ太郎から電話がきた。

バ「明日の夜ドライブいこうぜ~」

何でいきなりドライブ?と思ったが、バカ太郎はたまに遊んだりすると「まだ帰りたくねえ!もっと遊ぼう」とか言うさみしがりやだったので、唐突に友達に会いたくなったのかな、とか、ドライブは嫌いじゃなかったこともあって、私はバカ太郎とドライブに行くことにした。
何故か集合は夕食後だった。この時点で怪しむべきだったのかもしれない。

33: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 13:13:22.80 ID:q4xxR2Og0
次の日、バカ太郎は上機嫌に車を走らせた。何故か山に向かう車。

私「どこ行くん?」
バ「へっへっへ」

バカ太郎は怪しい笑顔を浮かべていた。この時点で何か言うべきだったんだけど、私はま~たバカなこと考えてるなあとか考えながら放っといてしまっていた。
段々と走っている車が少なくなってくる。
私たちは薄暗いトンネルの前にたどり着いた。

私「なにここ」
バ「ここは心霊スポットです!」

バカ太郎、ハイテンション。
私はあんまり心霊スポット自体は好きじゃない。怖いし。
でもバカ太郎はやる気満々だった。「トンネルの中で三回クラクション鳴らすと!幽霊が!!」とか喋っていた。それ違う心霊スポットだよね?とか思ったけどバカだからなあと思って放っといた。
しかもコイツは「もしもの時のために」と塩を買ってきたと言ったが、取り出したのは砂糖だった。バカ。

私「止めようぜ。普通に怖い」
バ「おめ~ここまで来て帰るんかい」

しばらく言い合いしてた覚えがあるが、結局中に入ることになった。

35: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 13:59:25.21 ID:b3Wg3fW80
車はトンネルの中に進んでいった。
中はものすごく静かで、だんだんバカ太郎の口数も少なくなってくる。世話ない。
そんでトンネルの真ん中あたりでバカ太郎は車を止めた。

バ「いかん。めっちゃ怖くなってきた」
私「お前めっちゃ頭悪いぞ」
バ「帰りたい」

バカ太郎と私はクラクションを鳴らすなんてことは出来なくて、でも何となく「いやいやめっちゃ真っ暗じゃん」「これは何の事件もなくても心霊スポットになるわ」とかくだらない話をしていた。

そんで「やっぱ帰ろうよ」と話がまとまった途端、

車の上に気配を感じた。


36: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 14:00:24.83 ID:b3Wg3fW80
なんか、空気?が変わると言うか、重くなるというか、そんな感じ。
バカ太郎も感じたみたいで、私達はゆっくり目を合わせたけど、何も喋れなかった。
そんで、1分くらい経ったあたりで私が「車出せ」とか喋ろうとしたタイミングだったかな。

バァン!!!

と、車の天井を誰かが叩いた。

37: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 14:44:34.59 ID:b3Wg3fW80
「うわあああああああ!!!」
私達は二人揃って間抜けな悲鳴を上げた。
私は狂ったように「車!車出せ!!」と叫んだけど、バカ太郎は震えるばかりで動けないみたいだった。
私「バカ太郎!ヤバイから!!出るぞ!!」
後部座席からバカ太郎の肩をガタガタ揺さぶると、奴はなんとか車を走らせ始めた。
でもまた

バァン!!!

と車の天井が叩かれた。

よく分からないが、「何か」は追いかけて来ているようだった。

38: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 14:46:50.09 ID:b3Wg3fW80
私達はビビり倒し。
私は天井を見れないまま俯いて運転席にしがみついていたし、バカ太郎は「ごめんなさい!ごめんなさい!!」とか叫んでいた。

それでも何とかトンネルからは脱出出来た。
私達はその後もパニックで、あのトンネルから離れた後もガタガタ震えていた。
二人だけになるのが怖くて、とにかく人のいるところに行こう!となり、24時間やってるスーパーのベンチに座ってから、やっとマトモに話し始めた。

バ「さっきのは何だよ」
私「私が分かるわけないだろ」

みたいな話を何回か繰り返して、当たり前だけと結局結論は出ず、でも何となく落ち着きは取り戻し始めた。

40: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 15:54:59.30 ID:b3Wg3fW80
私「………お祓い行こう」
バ「どこでお祓い出来るの」
私「調べよ」

私達はその後お祓いについて調べ始めた。バカ太郎は友達に何かラインしているようで、私はネットで市内の神社とか調べてた。

気がついたら朝になっていた。
朝になるってだけで救われる気持ちになるもんだね。外が明るくなってるの見ただけで泣きそうになったよ。

41: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 15:58:47.55 ID:b3Wg3fW80
そんで、6時くらいかな。私のラインに涼子さんから連絡があった。
「話がしたい」ということだったので、私から電話した。

私「どうしたの?涼子さん」
涼「あのね、急な話なんだけど、今日仕事休める?(この日は月曜だった)」
私「何で?どうしたの」
涼「連れていきたい所があって」

涼子さんの声は真剣だった。
でも今の私達には「お祓い」という考えしかなく、涼子さんの誘いを断ったが、「お願いだから」「本当に。なるべく早いほうがいいから」と向こうも引き下がらないので、
トンネルであったことを細かく説明し、お祓いにいきたいということを伝えた。何しろ私たちはビビり倒していた。

しかし、涼子さんの口からは意外な言葉が飛び出した。

「大丈夫。私が連れていきたいのもお祓いだから」

42: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 16:12:21.48 ID:b3Wg3fW80
結論、私とバカ太郎は仕事をズル休みし、お祓いに行くことになった。

私は涼子さんが何故私をお祓いに連れていきたいのかが気になったが、「急ぐから理由は後で」と言われて、
何も分からないまま涼子さんとの待ち合わせ場所にバカ太郎と向かうことになった。
そんで、バカ太郎も友達と連絡が取れたみたいで、合計4人で集まることになった。

43: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 16:13:57.55 ID:b3Wg3fW80
集合場所には既に涼子さんとバカ太郎の友達が着いていた。

バカ太郎の友達はボクシングやってるからボクサーとします。
ボクサーは私やバカ太郎の友達の中でも一番しっかりしていて頼りになるゲイ。
一回ひったくり捕まえたことがあるらしい。しかもヒゲイケメンである。短所思い浮かばない。
私は二人の顔を見てすごく安心した。この二人がいれば大丈夫、と思えたけど、ボクサーはドスのきいたド低音で

「バカ太郎………てめえ………」
と会うなり静かにバカ太郎の胸ぐらを掴んだ。
バカ太郎、震えていた。

ボ「何で心霊スポットなんかにコイツ(私)連れてった」
バ「はわわわわわわわ」

バカ太郎は小動物みたいになっていた。一応話は伝わってるんだなと思った私は涼子さんに気になっていることを聞いた。
何で私をお祓いに連れていきたいのか。
こんなにタイミングがいいなんておかしいと思った。

44: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 16:54:18.43 ID:8JryFBlk0
涼子さんが言うにはこうだ。

涼子さんはブリジットを捨てた後、私のことを友達何人かに相談したらしい。
私が不気味なマネキンの生首を可愛がってて、話しかけている。妙に生首に惹かれているようだと。
最初は精神的なものかと疑っていた(マジか)涼子さんだったが、友達の中に「心霊的な何かじゃないか」とアドバイスしてきた子がいたらしく、
しかもそれが説得力のあるものだったらしく、涼子さんはじゃあお祓いに連れていったほうがいいのか、という結論にたどり着いたらしい。
そしてもう既に今日お祓いの約束は取りつけてあるらしく、涼子さんの手際のよさに驚いた。

47: 本当にあった怖い名無し 2018/05/01(火) 17:37:08.14 ID:8JryFBlk0
そこで私はブリジットが帰ってきたのを思い出した。
今まで気にしてなかったブリジット帰還事件が、心霊現象の後だからか少し不気味に思えて、何故か私は正気?に戻り始めていた。マネキン愛でるのはおかしいかもと。

私「涼子さん、落ち着いて聞いてね」
涼「うん?」
私「ブリジット、戻ってきたの」

涼子さんが息をのむのが分かった。



面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事