【師匠シリーズ】賭け

323 :賭け ◆oJUBn2VTGE :2009/03/15(日) 21:31:13 ID:kR+moc+u0
大学三回生の春。
すでに大学のあらゆる講義に出席する気を失っていた俺は、それまで以上にバイトとギャンブルを生活の中心に据えていった。
ギャンブルと言っても、競艇や競輪などのオッサン向けのものではない。
それらよりも情報を得やすく、学生仲間の関心も高かった競馬。
そして手軽に出来る麻雀やパチンコだ。
特にパチンコは、イベントのある日に何故か風邪を引いてバイトを急遽休まざるを得なくなるという実にハタ迷惑な体質を発揮して、バイト仲間に見つからないようにコソコソと通ったりしたものだった。
ある日、足が遠ざかりつつあったオカルト道の師匠に道端で会った。駅の近くの路上だった。
夕方、駅前で油ソバを腹に入れ、さあこれからもうひと勝負、とやる気が湧いてきた時だ。
「初任給が出たよ」と嬉しそうに話す師匠を、気がつくと悪の道に誘ってしまっていた。
「増やしましょう、それを」
有史以来、人類が絶えることなく選択を誤り続けた賭けである。
師匠は最初固辞していたが、俺が札束の詰まった財布を見せると興味を示してきた。
そのころ俺はやけにツイていて、かなりの泡銭を抱えていたのだ。
それまでも何度か師匠をパチンコ屋に誘ったことはあったが取り合ってくれたことはなかった。
それが急に乗り気になったということは、儲け話に乗ったということだと単純に解釈したのだが、その複雑な表情からするとなにか別の考えがあってのことかも知れなかった。
ともかく師匠が一緒に来てくれるというので俺は嬉しくなり、とっておきの店に案内した。
駅前からは少し離れるけれどかなりの設置台数を誇る大型店で、その同じチェーン店の中でも優良店として知られる店だった。


324 :賭け ◆oJUBn2VTGE:2009/03/15(日) 21:34:29 ID:kR+moc+u0
まったくの初心者である師匠に三店方式の仕組みなどを説明しながら歩くこと十分。
荘厳さすら漂わせる城のような店構えに「儲け過ぎだろう」と眉間に皺を寄せるので、それでも競馬やら宝くじなんかの公営ギャンブルに比べて控除率が低く、立ち回り次第で勝てる可能性が高いのだと必死で説得すると、「わかったわかった」と煩そうに入り口へ足を向けてくれた。
自動ドアが開くと、独特の騒音が耳に襲い掛かってくる。
俺などはこれを聞くと得体の知れない闘志が湧いてくるのだが師匠は不快そうに顔を歪めた。
フロアをしばらく眺めて、カウンターでレシートを交換する客やジェットカウンターの様子を見ながら一通り説明をして、俺は師匠をあるコーナーへと誘った。
パチスロのシマだ。
「パチンコじゃないのか」と言うので、「今はこっちが熱いんス」と親指を立てる。
元々パチンコからこの道に入った俺だったが、そのころはパチスロばかり打っていた。
規制緩和だかなんだか知らないが、調子が良い時は一万枚を超えるメダルを獲得できる機種が増えて来たころだった。
メダル一枚二十円の等価交換なら、一日にして二十万円を手に入れることになる。俺の泡銭もその恩恵だった。
中でも古代アステカ文明をモチーフにした台がお気に入りで、それが並んでいるシマを師匠を連れてうろうろしていたのだが、思いのほか客付きが良くて二人並んでは座れない状態だった。
席が離れてしまって素人の師匠一人に打たせるわけにもいかないのでしばらく待っていたが、なかなか空きそうにない。
歯抜けのように一つ飛びに空いている席はあるけれど、その周囲の客はみんな習ったように千円札の束をメダル投入口に挟んでいて、まだまだ打つ気十分のようだった。
「これが熱いんスけど、空きませんねえ」と俺がぼやくと師匠はなにを思ったかツカツカと歯抜けの真ん中で打っている客の所へ歩み寄っていった。

326 :賭け ◆oJUBn2VTGE:2009/03/15(日) 21:42:51 ID:kR+moc+u0
そして何ごとかその客に話し掛け、一言二言やりとりをしていたがいきなりそのスカジャンを着た若い兄ちゃんにドツかれて後ろへ転びそうになった。
台に向き直ってゲームを続ける兄ちゃんになにか捨て台詞を吐いてから、師匠が戻って来る。
憤然としている。
「そっちに詰めてくれって言ったら怒られた」
俺は吹いた。
素人の発想は凄い。俺だったら絶対思いつかない。
「ちゃんと詰めて座れば二人連れの人でも座れるのに、マナーがなってない」とぶつぶつ言っている師匠を宥める。
パチスロには設定というのものがあって、と説明をしていると端の台が二台続けて空いた。
すぐに飛んで行って台を確保する。
「じゃあ打ちましょう」
正直どっちの台もあまり良い台とは言えなかったが一応師匠にまだマシな方をあてがって実戦を開始した。
最初の千円で師匠は殆ど小役が揃わず、あっという間に交換した五十枚のメダルが無くなる。
「無くなったぞ」
そうですね。これからですよ。
「そうか」
二人並んでペチペチとストップボタンを押していく。
「また無くなったぞ」
そうですね。
いちいちうるせぇな、と思いながら回っているリールのどの辺を狙ってボタンを押せば良いか説明していると、俺の台の方にリーチ目が出現した。
指をさして、白い7の絵柄が二つ重なっていることを興奮気味に捲くし立てる。今度は師匠の方が「うるせぇな」という顔をした。

327 :賭け ◆oJUBn2VTGE:2009/03/15(日) 21:46:13 ID:kR+moc+u0
俺はじっくりともったいぶって一枚だけメダルを投入し、真ん中、右、左の順番にボタンを押して青い7絵柄を揃えた。
BIGボーナスだ。
派手なBGMとともにジャラジャラと下皿にこぼれ落ちてくるメダルを、師匠が横目で羨ましそうに見ている。
三百枚ほど出たところでボーナスが終わり、さらにメダルを二百枚以上獲得することの出来るCTというオマケに突入するかどうかの分かれ目となる抽選ルーレットがすぐさま始まった。
突入確率は二分の一だ。俺は祈りを込めてリール下部のLEDの高速移動を追いかける。CTに突入してからのボーナス連荘がこの台のキモであり、メダル大量獲得の起爆剤なのだ。だが俺の願いも空しくルーレットはハズレゾーンで停止し、台の音は消えた。
順押しサボテン維持という技を師匠に見せたかったのにと肩を落とすと、その師匠は隣でプッと笑った。なにも知らなくても、なにか駄目だったらしいというのが分かったようだ。
一発台を殴ってから続行する。
それから二人の台はいたって静かなもので、全く当たりそうな気配がなかった。
一万円を溶かしてしまった師匠がだんだんと不機嫌になってきて、他の台をキョロキョロと見始める。
「あっちの台、900回も回してる。そろそろ出るころじゃないか。移ろうかな」
データカウンターを見上げてそう言うのだ。
俺はその瞬間に頭に浮かんだ言葉に思わず吹き出しそうになる。
そして笑いをこらえながら師匠に耳打ちする。
「そういうの、オカルトっていうんですよ」
師匠はきょとんとしている。
なんだかとてもおかしい。
結局二人ともそれから一度も当たらず、それぞれ二万円以上負けてしまった。
最初は自分の負けに腹を立てていたが、やがて師匠に申し訳ないことをしたという気持ちが湧いてきて、店を出た所で頭を下げた。

328 :賭け ◆oJUBn2VTGE:2009/03/15(日) 21:50:50 ID:kR+moc+u0
「まあ別にいいよ。勉強になったし」
やけに殊勝だ。
「それより……」と急に真剣な顔になって声を落とす。
「別の台で2000回も回して当たってなかったのがあったんだけど、あれはどのくらい負けてるんだ」
ざっと計算する。
「七万円くらいです」
その台は俺も気になっていて、帰る前にデータカウンターをチェックしたが、一日単位でも酷い下向きグラフになっていた。ざっと十二、三万円は負けているだろう。それを説明する。
「ずっと負けが続いて借金漬けになっているような人間には……命に届く額だな」
冷酷な口調で師匠は言った。
「最近勝ってるらしいけど、それだけ勝てるってことはそれ以上に負けてる人間がいるってことだな」
当然のことだが、パチンコ・パチスロにのめり込んでいる俺たちのような人間はしばしば都合よくそれを忘れてしまう。愉快ではない部分を突かれて俺は黙った。
「ギャンブル性が上がってハイリスク・ハイリターンになればなるほど客単価があがって得をするのは店側じゃないか。その分、客が割りを喰ってるんだろう。バカバカしいじゃないか」
言われなくても分かってる。いや、分かっているつもりだった。それでも一度大金を掴んでしまうと、また勝てるような気になってしまうのだ。
夜風に吹かれながら店の外を歩いていると、師匠が急に辺りを伺う様な気配を見せ、早足で来た道と逆方向に進みだした。なにかを感じ取ったらしい。
店の裏手側で、普段は殆ど人も通らないような小道があるだけのはず。けれど師匠はなにかに導かれるようにそちらへ迷うことなく向かう。
暗い。そばを通る立体交差道路の影になっていて、いっそう暗さを感じる一角だ。
師匠はその中ほどで地面を見下ろし、立ち止まる。

329 :賭け ◆oJUBn2VTGE:2009/03/15(日) 21:54:48 ID:kR+moc+u0
俺も並んでその道路の一点を見る。
暗くてよく分からないが、黒い染みがアスファルトにこびりついているようだ。
俺はハッとして頭上に目をやる。城壁のような店の外壁が視界を覆い、その上は夜空で途切れている。
あの上は確か駐車場の屋上だ。
いつだったか、つい最近飛び降り自殺をした人の噂を聞いた。店で負けた客が、まだ午前中だというのに屋上からこの狭い道路に身を投げて死んだと。
ここがその現場か。この染みは、未だ取れない血なのだろうか。
嫌なものを見てしまった俺は、心がズンと重くなった気がした。
「死を選ぶということは、賭けだ」
師匠がこちらを向く。
「借金でどんなに首が回らなかろうが、死んでしまえばその苦しみから開放されるはず、という無意識の賭け」
「賭け」
オウムのように復唱する。
「そんな人間は、天国やあの世と呼ばれるようなところに行きたいと思って死ぬのだろうか」
少し考える。違うような気がする。
「パスカルの賭けという言葉がある」
と、師匠は言った。
神が存在している方に賭けるべきか、存在していない方に賭けるべきかという問いに対して、科学者としても名高いフランス人、パスカルはこう答える。
神の存在に賭ければ、勝った時に得られる祝福という名の喜びは無限大であり、負けた場合、すなわち死後が虚無であったとしてもそれは誰にも等しく訪れる運命である。
それに対し、神の非存在に賭けたなら、勝利とはすなわち死後の虚無を認めることであり、敗北とは祝福という名の喜びを放棄することに他ならない。

面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事