洒落怖 厳選一覧

NO IMAGE

【洒落怖】開かずの部屋

198 :1/4:2008/09/20(土) 21:35:00 ID:Xc6djnlE0学生の時のバイト先の2階にあったのは、多分開かずの間だったんだと思う。弁当屋だったんだけど、2階は休憩室と資材とか置いてた。けど、誰も2階で休憩しない。デカイ窓あるのに、昼間でも薄暗くてしめっぽい感じで、資材取り行く時も絶対みんな一人で行きたがらない。俺のだいぶ後に入った、美大生の自称霊感持ちのかわいいけどちょっと変な女だけ、よく2階でタバコ吸ってた。だから重くない資材とかはその女に頼む...

NO IMAGE

【洒落怖】変わってしまった母

536:本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 10:46:23 ID:xVKT1Ul/0これは確か、俺が小四の頃からの話。(今から8年ほど前) 小4のある時に、両親が離婚をすることになった。離婚した理由は今も知らないんだけど、その時の母親は、「お父さんはお母さんを人間扱いしてくれないの!」と言っていた。離婚の日に至るまで、何度も何度も聞いた台詞である。何故かというと、これは夫婦喧嘩の度に母親が必ず口にする言葉だったからだ。当時、家族は俺、兄、妹、父、母、...

NO IMAGE

【洒落怖】片付けのバイト

83 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 08:56:59 ID:1PBw8Wba010年くらい前になるかな。俺は3流大学に通う苦学生だった。週4日のバイトと仕送り(家賃と光熱費で消える)で、やっと人並みの食い物が食える程度の収入があった。 それは大学2回生のある夏のことだ。夏の暑さに参っていた俺は、バイトがない日はほぼ毎日、エアコンの効いた市民センターで、大学のレポートを仕上げるのが日課だった。そして、そこには『地域の交流掲示板』という、勝手に張り...

NO IMAGE

【長編洒落怖】姪と人形

170 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 21:10:20 ID:w/XDX/SXO去年の夏の約一ヶ月の事を書くから少し長くなる気の長い、ヒマなヤツだけ聞いてくれ、信じる信じないも読む人の自由だだけど、この話はオレが去年の夏、確かに経験した事だ (い)去年の夏、姉の旦那の実家に遊びに行った海も近いし、静かないい所だった。旦那はと言えば三ヶ月の単身赴任で、その夏も御盆の時に帰ってきただけだという。義父母と義兄夫婦の住む母屋は別にありだからオレにとって...

NO IMAGE

【洒落怖】藪から聞こえた声

255 : 本当にあった怖い名無し : 2011/10/01(土) 21:33:13.44 ID:BxN9IQCP0今年の夏、今までの人生で一番怖い体験をした。最初は誰かに話すなんて考えられなかったけど、だいぶ落ち着いてきたので投下。 自分の家は中国地方の山奥の田舎にある。俺はそこでちょっとした自然愛護のクラブに所属していて、いろいろイベントを企画したり参加したりしていた。家から車で20分ほどの所に『○○さん』と呼ばれる山があるんだが、主にその山を舞台にして、クラブの...

NO IMAGE

【洒落怖】拾い物

191 :パンターG好き:2008/01/25(金) 22:20:08 ID:KE2D8QUJOだいぶ前だが、デパートに行ったの。買い物終わって、外のベンチに座りながら煙草吸ってて、何気なく隣に置いてたゴミ箱覗いたの。中はほとんど空で綺麗なんだけど、携帯が捨てられてた。放っておけばいいのにさ、本当に何気なく拾ってみると、折りたたみ部分がネジれてて、完全に壊れてたんだ。ゴミ箱に戻そうと思って、ふとメモリカードを確認したら、1ギガのミニSDが入ってた。ラッキーと思って、カード...

NO IMAGE

【洒落怖】カレハハナサナイ

372 :山師さん:01/09/22 22:46これは1996年6月に、小学生を惨たらしく殺害した中学3年の男の子が容疑者として捕まり、世間を大いに驚かせた事件があった時の出来事です。 6月下旬の蒸し暑い日でした。その日私は、メゾネットタイプの集合住宅を賃貸経営している田中さんという大家さんの所へ、先月退居された住人の預かり費用についての営業でお伺いしました。先月退居された方、正確には、その住居で飲薬自殺された二十代の女性なのですが、同棲していた男性に騙されて借金を背...

NO IMAGE

【洒落怖】ヤマ目

746 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:13:55 ID:6Jl7rMMY0あれは母の実家から帰る途中の出来事。母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。 1泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は月を見てこう言った。「恵子・・・。もう一泊してかんか?・・わしゃ心配や・・・。山道は暗...