師匠シリーズ 長編

師匠シリーズ

【師匠シリーズ】古い家

534 :古い家   ◆oJUBn2VTGE :2008/06/29(日) 00:01:09 ID:quV+YcYD0聞いた話である。「面白い話を仕入れたよ」師匠は声を顰めてそう言った。僕のオカルト道の師匠だ。面白い話、などというものは額面どおり受け取ってはならない。「県境の町に、古い商家の跡があってね。廃墟同然だけど、まだ建物は残ってるんだ。誰が所有してるのかわからないけど、取り壊しもせずに放置されてる。誰も住んでいないはずのその家から夜中、この世のものとは思えない呻き声が聞こえるっていう噂が立ってね。怖がって地元の人は誰も近寄らない。どう、興味ある?」大学2回生の夏だった。興味があるのな...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】天使

685 :天使   ◆oJUBn2VTGE :2008/04/30(水) 21:47:18 ID:NrJoj9WI0京介さんから聞いた話だ。怖い夢を見ていた気がする。枕元の目覚まし時計を止めて、思い出そうとする。カーテンの隙間から射し込む朝の光が思考の邪魔だ。もやもやした頭のまま硬い歯ブラシをくわえる。セーラー服に着替え、靴下を履いて鏡の前、ニッと口元だけ笑うとようやく頭がすっきりして来る。そしてその頃になってまだ朝ごはんを食べていないことに気づく。ま、いいか、と思う。朝ごはんくらい食べなさいという母親のお説教を聞き流して家を出る。今日は風があって涼しい。本格的な夏の到来はもう少し先のようだ...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】人形

209 :人形  ◆oJUBn2VTGE :2008/02/12(火) 00:13:49 ID:FukvotX90人形にまつわる話をしよう。大学2回生の春だった。当時出入りしていた地元のオカルト系フォーラムの常連に、みかっちさんという女性がいた。楽しいというか騒がしい人で、オフ会ではいつも中心になってはしゃいでいたのであるが、その彼女がある時、こう言うのである。「今さ、友だちとグループ展やってるんだけど見に来ない?」大学の先輩でもある彼女は(キャンパスで会ったことはほとんどないが)美術コースだということで絵を描くのは知っていたが、まだ作品を見せてもらったことはない。「いいですねえ」と言いなが...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】貯水池

512 :貯水池  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 22:42:57 ID:gAYKdkL30大学1回生の秋だった。その頃の僕は以前から自分にあった霊感が、じわじわと染み出すようにその領域を広げていく感覚を半ば畏れ、また半ばでは身の震えるような妖しい快感を覚えていた。霊感はより強いそれに触れることで、まるで共鳴しあうように研ぎ澄まされるようだ。僕とその人の間には確かにそんな関係性があったのだろう。それは磁石に触れた鉄が着磁するのにも似ている。その人はそうして僕を引っ張り上げ、またその不思議な感覚を持て余すことのないように次々と消化すべき対象を与えてくれた。信じられないよ...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】追跡

458 :追跡  ◆oJUBn2VTGE :2007/09/26(水) 20:21:39 ID:gAYKdkL30大学1回生の冬。朝っぱらからサークルの部室でコタツに入ったまま動けなくなり、俺は早々に今日の講義のサボタージュを決め込んでいた。何人かが入れ替わり立ち代りコンビニのビニール袋を手に現れてはコタツで暖まったあとに去って行った。やがて一人だけになってしまい俺もやっぱり講義に出ようかなぁと考えては窓の外を眺め、その冬空に首をすくめてもう一度コタツに深く沈みこむのだった。うとうとしていたことに気付き、軽くのびをしてそのまま後ろへ倒れ込む。その姿勢のまま手を伸ばして頭の上の方にあるラックを...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】鋏

264 鋏  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2007/08/22(水) 23:08:04 ID:B6d5URPx0大学3回生のころ、俺はダメ学生街道をひたすら突き進んでいた。2回生からすでに大学の講義に出なくなりつつあったのだが、3年目に入り、まったく大学に足を踏み入れなくなった。なにせその春、同じバイトをしていた角南さんという同級生にバイト先にて「履修届けの締め切り昨日までだけど、出した?」と恐る恐る聞かれて、その年の留年を早くも知ったというのだから、親不孝にも程があるというものだ。では大学に行かずになにをしていたかというと、パチンコ、麻雀、競馬といったギャンブルに明け暮れては生活費に困窮...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】田舎 中編

326 田舎 中編  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2007/08/23(木) 00:32:44 ID:pA3eqjtb0そもそもの始まりは、大学1回生の秋に実に半端な長さの試験休みなるものがぽっこりと出現したことによる。その休みに、随分久しかった母方の田舎への帰省旅行を思いついたのだが、それがどういうわけか師匠、CoCoさん、京介さんという3人の先輩を引き連れての道ゆきとなってしまった。楽しみではあったが、そこはかとない不安がどんよりと道の先にあるのを俺は見て見ぬ振りをしていたのだった。駅まで迎えに来てくれた伯父の車は7人乗りだったが、助手席に伯父の家で飼っている柴犬が丸まって寝ていたので...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】田舎 前編

909 田舎 前編  ◆oJUBn2VTGE ウニ 2007/03/07(水) 19:47:40 ID:OPG460nV0大学1回生の秋。その頃うちの大学には試験休みというものがあって、夏休み→前期試験→試験休みというなんとも中途半端なカリキュラムとなっていた。夏休みは我ながらやりすぎと思うほど遊びまくり、実家への帰省もごく短い間だった。そこへ降って沸いた試験休みなる微妙な長さの休暇。俺はこの休みを、母方の田舎への帰省に使おうと考えた。高校生の時に祖母が亡くなってその時には足を運んだが、まともに逗留するとなると中学生以来か。母の兄である伯父も「一度顔を出しなさい」と言っていたので、ちょうどい...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】血 後日談

813 名前: 血  後日談 2006/08/28(月) 22:09:47 ID:9j0TgqFm0大学1回生の秋。借りたままになっていたタリスマンを返しに京介さんの家に行った。「まだ持ってろよ」という思いもかけない真剣な調子に、ありがたくご好意に従うことにする。「そういえば、聞きましたよ」愛車のインプレッサをガードレールに引っ掛けたという噂が俺の耳まで流れてきていた。京介さんはブスッとして頷くだけだった。「初心者マークが無茶な運転してるからですよ」バイクの腕には自信があるらしいから、スピードを出さないと物足りないのだろう。「でもどうして急に車の免許なんか取ったんですか」バイカーだった京介さ...
師匠シリーズ

【師匠シリーズ】血 後編

795 名前: 血  後編 2006/08/28(月) 21:37:35 ID:9j0TgqFm0はじまりはただの占いだったという。女の子であれば、小学生や中学生のときにハマッた経験はあるだろう。高校になっても占いに凝っている子となれば、占いの方法もマニアックなものになり、ちょっと傍目にはキモいと言われたりする。京介さんもそのキモい子の1人で、タロットを主に使ったシンプルな占いを休み時間のたびにしていたそうだ。やがて校内で一過性の占いブームが起きて、あちこちで占いグループが生まれた。子どもの頃から占い好きだった京介さんはその知識も豊富で、多くの生徒に慕われるようになった。タロットやトランプ占...
タイトルとURLをコピーしました