NO IMAGE

【師匠シリーズ】鍵

469 名前:鍵 投稿日:03/04/29 22:29僕のオカルト道の師匠は当時家賃9000円の酷いアパートに住んでいた。鍵もドラム式で掛けたり掛けなかったりだったらしい。ある朝目が覚めると見知らぬ男の人が枕元に座ってて「おはようございます」というので「おはようございます」と挨拶すると宗教の勧誘らしきことをはじめたから「さようなら」といってその人おいたまま家を出てきたという逸話がある。防犯意識皆無の人で、僕がはじめ...

NO IMAGE

【師匠シリーズ】師事

452 名前:師事 投稿日:03/04/29 21:31僕がド田舎から某中規模都市の大学に入学した時。とりあえず入ったサークルにとんでもない人がいた。大学受験期にストレスからかやたら金縛りにあってて色々怖い目にあったことから、オカルトへの興味が高まっていた時期で、そんな話をしているとある先輩が「キミィ。いいよ」と乗ってきてくれた。その先輩は院生で仏教美術を専攻している人だった。すっかり意気投合してしまい、見学にいっ...

NO IMAGE

【師匠シリーズ】小人と巨人

189 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/04/27 23:09さて、怪談じゃないけどこんなのはいかかが?オカルト大好きな俺は知り合いやサークルの後輩先輩に節操無く「なんかない? 怖い話」と聞きまくる癖がある。で、俺の歴代の彼女にも聞いてるわけだが全員1回だけそういう心霊体験をしてるという。それが変な類似点があって一人目が「おかあさんと一緒に買い物に行った時、道端で小人が踊ってるのを見た」二人...

NO IMAGE

【師匠シリーズ】さようなら

663 名前:さようなら 投稿日:03/05/01 00:30 隠れコテハンのウニです。以前ちらっと触れた由加山皆殺しの家の話をこれから貼っつけようと思っていたんですが、さっき親父が言うことには今朝、親父の箸がテーブルの上で割れていたそうです。 こうしたことはバカにできないので、師匠との話をこれ以上書くのはやめようと思います。 僕の箸だったら屁でもないんですが、親父になにかあったら凹むので・・・ もっと聞きたいという...