【長編洒落怖】カン、カン

476 :カン、カンその後 5:2010/01/04(月) 17:34:26 ID:+c8UOsBv0 
妹よりも一足早く家に帰ってきた私は、居間の電気をつけようと壁を探りました。 
大体この辺にスイッチがあったのに・・・そう思いながら手探りしていると、指先に角ばったプラスチックの感触が伝わった。 
それとほぼ同時に、真っ暗な空間でカン、カンという音が響き渡った。 
あっ、と思った時にはすでに遅く、私は壁のスイッチを押してしまっていました。 
白い光で照らし出される居間。強い光に目が慣れず、私は反射的に目を細めた。 
テーブルの上には白い着物を着た女が座っていた。
こちら側に背を向けているので顔までは分からなかった。 
現実感がまるでなく、冷静な思考が出来ませんでした。
テーブルの上に女が正座しているだけでも異常なのに、
点灯したばかりの室内灯に明順応しきれていない私の目には、居間の空間全体が奇妙なものに映りました。 
嫌な汗がどっと吹き出ているのを、体に張り付く衣服で感じていました。 

何分、いや何秒そうしていたか分かりませんが、
私の指が再びパチンとスイッチを押すと、居間は真っ暗な闇に飲まれ、何も見えなくなりました。
そしてちょうどその時、玄関からガチャリとドアの開く音が。・・・妹か。 
しかし私の視線は、再び闇に包まれた居間のほうに釘付けで、テーブルの上にはまだあの女がいるような気がしていました。
その一方で、玄関ではガサ、ガサという靴を脱ぐような音に続いて、
木造の床に体重が掛かるときに鳴るギッ、ギッという独特の軋み音が。 
私は廊下のほうを振り向くことが出来ませんでした。
妹に決まっているはずなのに、そっちのほうを見れない。 
いや、何となく分かっていた。
気配というか、勘というか、あやふやなものだったけど、後ろから近付いているのはおそらく妹ではなかった。
形容し難いほどおぞましい感覚が、ギッ、ギッという軋み音とともに強くなっていく気がした。 
そして、真っ暗な居間の真ん中、テーブルが置いてある辺りで、カン、カンという金属音が鳴った。 
意識が遠のく寸前、私のすぐ後ろにいた人物の手にガッと肩を掴まれたのを確かに感じた。 

477 :カン、カンその後 6:2010/01/04(月) 17:35:07 ID:+c8UOsBv0 
因みに、その翌日、私は姉の部屋で寝ていたそうです。(姉が起こしてくれました)
姉も妹も、あの真っ暗な居間で私の肩を掴んだということは一切ないと断言しており、 
しかも、妹が帰ってきた時には、母はまだ帰宅していなかったそうです。 
靴だけでなく母の寝室も確認したから絶対に確かだ、との事でした。 

妹曰く、母の異常な行動は今でも続いているようです。 
「精神科にも相談したし、うちでお祓いだってしてもらった。通報されたこともあるからね」 
後で聞いた話だが、妹はすでに姉から詳しい話を聞かされており、父には内緒で色々やっていたらしい。 
だがいずれも徒労に終わった。
母の異常な行動を見れば、効果がないのは一目瞭然だった。 
そして、私にはもう分かっていた。あの女のせいだ。
姉の家で鳴った音だって、あの夜の母の恐ろしい姿だって、全部あの女が原因なんだ。
そう思うと怒りがこみ上げてくる。 
でも、怒り以上に、あの女が恐ろしくてたまらない。

なるべく早いうちに父に打ち明け、アパートを引き払うことを検討しています。



面白ければ是非シェアして下さい

フォローする

関連記事
関連記事